Tiger(late)

(Mar.21.2016)
(TAMIYA 1/48)

メインショット


タミヤ1/48タイガー後期型です。キットは1944年4月生産車両のうち旧タイプの照準器と大型のマズルブレーキを装備した主砲ユニットを搭載したタイプになっていたので、典型的な1944年4月タイプになるよう改修しました。
まずはキットのような旧型の誘導輪を装着した車両は数台しか確認できませんので、後期型にふさわしい60cmmタイプに変更しました。次にマズルブレーキをキングタイガーヘンシェル砲塔のものと交換しました。
ディティールの追加はエンジングリルメッシュとヘッドライトのコード、ローダーズハッチのロックハンドルなどに止めました。タグロープはナイロン製に替え、SS101重戦車大隊第2中隊第1小隊独特の取り付け方にしました。この中隊では東部戦線での経験からタグロープの一端をあらかじめ後部シャックルにつないでいます。
車体前面の予備履帯はキットに含まれていなかったのでスカイボウの連結履帯を(もったいないと思いながらも)使いました。
コーティングはポリパテにタミヤの0.5mmピッチとグムカのT-01の3番のブレードでパターン付けしました。
マーキングはキットのデカールをそのまま利用して、1944年4月から6月末までのSS101重戦車大隊211号車(オリジナル車両)にしました。右側面の国籍マークが前寄りに描かれているのが特徴です。
編成上での戦車長はWessel少尉でしたが、前線では乗員が入れ替わり立ち代りして使われ、6月末の戦闘で撃破されています。その後戦区を引き継いだSS102重戦車大隊の本部車両が回収してきましたが、修理不能で放棄されています。


サブショット1 サブショット2 サブショット3 サブショット4